飲食店での他人の喫煙を自分の禁煙のモチベーションに繋げる

自営で時間は自分次第なので、昼ご飯を外で食べるときはいわゆる昼時といわれる12時前から13時過ぎは避けて食べることが多いんですけど、今日たまたま昼時の時間帯に食べることになりました。

14時過ぎを狙うとガラガラの店も、昼時はやっぱり大繁盛でして。

なんとかカウンターに空席をキープして注文。「やっぱり美味しいな」とか思いながらパクパク食べ始めた頃、若者2人がカウンターの隣に座ってきたんです。

こっちの伝票なんかが乱雑に置かれていたので、近くに寄せて「どうも」みたいな会釈をお互いして位置関係が確定。

で、また食べ始めたときに

ぷ~~~~ん。。

と違和感のある臭いがが…

スポンサーリンク


飲食店での喫煙

言わずとも、その臭いの正体はタバコですね。気づかなかったけど確かに灰皿も置いてある店なので、喫煙可な店です。

いつもガラガラの時間帯に行っていたから、なんとなくビックリしました。

自分は何度か書いてるように、禁煙中ですけど別に嫌煙家にはなっていません。

なので、今日のお店でもビックリはしたけど、イラっとしたり、カチンときたりといったことはないです。

実際ガッツリ喫煙者の頃、非喫煙者の嫁とご飯を食べに行って、食べ終わったときカチっと一服してるときに

「隣の人が嫌な顔してるよ。消しなよ。」

って言われて(どうして灰皿が置いてある店で…)って思いながら渋々消したことがあったくらいで。

こうやって迷惑かけていたんだな

イラっとしたり、カチンときたりというより

「こうやって他人に迷惑をかけていたんだな…」

と、自分の過去の喫煙マナーに対して悲しくなりました。

今日の店も満席で、後ろの4人席には子連れの家族も居ました。

もちろん喫煙可のお店での喫煙に文句を言うのは筋違いで、副流煙を吸わされる可能性がある場所に子供を連れていく親が悪いと思います。

我が家でも禁煙席がないお店には自分の子供を連れて食べに行ってはいけないな、と再認識しました。

禁煙のモチベーションに繋げる

灰皿がある場所でタバコを吸っていい、というのは間違いなく正論。

タバコを吸ってる友人と話してても「いや、灰皿がある場所で言われても…」って言う人も居ます。

でも、世の中正論をかざすことが本当に正しいのか?と。

父親が、「誰のおかげでメシ喰えてると思ってんだ」って言えば、それはそうだけどそれは言ったらダメだろ。

みたいな事に似てる気がします。

例えば混んでる飲食店では喫煙を我慢してみるとか。

例えば店内に灰皿があるのに店外に吸いに行ってみるとか。

そんな気遣いができれば、喫煙者と非喫煙者で共存共栄できるのではとも思います。

過去の自分も含めて、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけてるというのは、あまりカッコいいものではないですからね。

嫌煙家が、喫煙可の場所でタバコを吸ってる人に注意してるのも同じくらいカッコ悪いですけどね。。

禁煙中の身としては、タバコをやめたことによって

「少なくともタバコで他人に迷惑をかける可能性はなくなった」

これは、禁煙継続のためのなかなかのモチベーションになるな。

…と、改めて思いました。

追記

先日、喫煙可の焼き鳥屋に家族で行ってきました。

5歳娘、嫁、自分の3人です。

この店は喫煙可とはいえ、わりと仕切りがキッチリとされていて、更に割りと席を客に選ばせてくれるので、端の方に座ればタバコの煙は全然来ないんですよね。

だから安心して行ってたんですけど、この日はたまたま混んでたのか、端の席に座れませんでした。

前後はついたてがあるから半分個室のような感じで、通路を挟んだ隣にテーブル席に、子沢山の家族が座ってまして

禁煙

という位置関係でした。

まだゼロ歳?という赤ちゃんも居て可愛いな、とか思ってたんですけど、このお父さんが突然タバコを吸いはじめたんですよ。

まだ首も座ってないような赤ちゃんがそばに居るのにタバコ吸うのかよ、とか思ってるとこのお父さん

左手を通路に突き出して、煙をこっちにむかって吹き出したんですよ(笑)

自分の子供にかからないようにこっちの子供に吹きかけるという。。

さすがに「おいっ!」くらいは思いましたよ(笑)

文句を言ったりはしなかったけど、早急に退店しました。

喫煙可の店でタバコを吸って文句を言われる筋合いはないとはいえ、さすがにこれはないですよね(笑)

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ