禁煙丸4年に到達するも本気でたばこを吸いたくなった瞬間

ついにこの10月の終わりで禁煙も丸4年が経ち、5年目に突入しました。

毎日の生活の中で、チラッと喫煙欲が顔を出すことは極々稀にあることはありますけど、タバコを我慢する瞬間はもう稀にすらありません。

禁煙開始初期の、あの地獄の苦しみがまったくもってウソのようですね。

そんな、禁煙成功?から、卒煙が視野に入ってきた自分ですが、まだまだ知らない罠はあるな…

と痛感させられたことがありました。タバコの力は本当に怖いですね。

スポンサーリンク


自分はフリーで自営ですが、扶養家族も居るし、収入の間口はいくらでも増やしておきたいところなのです。会社員と違って何の保証もないですからね。

そんな折、内装関係の仕事をしている知り合いから「手伝ってほしい案件がある」との話がきました。

まったく別業種で、運動不足解消にもなるだろう。相当不定期にしか無いようなので、本業にも支障はなさそう。

更にその会社は、知り合いとその知り合いの人と二人で立ち上げた会社だから、人間関係があまり得意ではない自分でも何とかなりそう。

ということで、二つ返事でオッケーを出して、お願いすることにしました。

40歳を過ぎて、普段ほとんど身体を動かしていないとはいえ、20代の頃は結構キツい肉体労働をしていた時期もあるし…

荷揚げや港の人足はもう無理だろうけど、内装関係ならなんとか大丈夫だろう。

と、思いつつ、微妙に緊張しながら初めての現場の日。

社長と初のご対面。

仕事もソコソコにやらせてもらって、社長もいい人っぽいし、新しいことをやるにしてもやっぱり人づてだと楽だな。。

とか思っていたわけですが、この社長が超愛煙家でして。。。

更に自分に声をかけてくれた知り合いも喫煙家。普段は自分の前ではあまり吸わない人なんですけど、相方である社長が吸っているのに釣られてか、スパスパスパスパ。

仕事開始前に2人でタバコをスパスパ。

休憩時間に2人でスパスパスパスパ。

昼ごはんを食べに行ってタバコをスパスパスパスパ。

休憩時間にスパスパスパスパ。

仕事終わりにスパスパスパスパスパスパスパスパ。

この案件は月曜~金曜で5日続けてありました。

初日こそ「現場でタバコ、懐かしいな。。。」くらいに余裕綽々でしたが、中盤~終盤は結構ヤバくなってしまいました・・・

なにしろ禁煙を開始した頃は、もう肉体労働はまったくしていなかった身体です。

でも身体は覚えていますね。

肉体労働の合間に吸うタバコ。特に昼ごはんの後のタバコは本当にウマイですよね。

身体を動かすからか血からニコチンが抜けきって、喉を食べ物が通過した後のタバコ。

ウマくないわけがないですね。

禁煙を開始して、その頃からの生活習慣。たとえば寝起きの一服であったり、晩ごはんの後だったり、休憩中にコーヒーを飲んでいる時だったり。

そういったものは1つずつ克服してきました。だからこそ禁煙も4年を突破できたわけです。

油断は禁物と口では言ってきてはいましたが・・・

ハッキリ言って、もう禁煙は余裕だと思っていました。

けどこの場面。仮に酒が入っていたら…

「ちょっと1本。。。」

と、口から出ていたかもしれないくらいヤバかったですね(笑)

禁煙を開始する前の環境に身を置いたときに、ここまで身体がタバコのことを思い出すとは、本当に不覚でした。

だから、まだまだこれからもワナはあるのでしょう。

もしかしたら、10年以上ぶりに20代の頃の友達に会って、いい感じに飲んだりしたら、とか。

もしかしたら、若い頃観た映画を観たら、とか。

不測の事態はいつでも待ち構えているのだと思います。

禁煙丸4年でこれだから、タバコの力は本当に怖いですね・・・

と、改めて気を引き閉められたできことでした。

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ