ファミレスの喫煙席はガラガラ、今でも吸っていたらと思うと…

すっかりタバコのことを思い出す機会も減って、というか喫煙欲もほぼなくなって、快適な禁煙生活もそろそろ4年に到達しようとしています。

昨日、久しぶりに子供の希望で近所のファミレスに夕食を食べに行ってきました。

日曜日の夕方ということもあり、店内はごった返していて満席。

店員さんが寄ってきて、喫煙席か禁煙席か、希望を聞いてきますよね。当然のように「喫煙席で」と答えるわけですけど、待ちだと言われました。

スポンサーリンク


そのお店は

禁煙

といった感じで、待機中に店内が見渡せて、入口の正面に見える喫煙席は丸見えなんですよ。

なんとなく手持無沙汰で喫煙席の方を覗いてみましたが…半分以上の席が空席となっていて、本当に意外すぎてビックリしてしまいました。

ファミレスや喫茶店というのは、ある意味喫煙所というか、特に外でタバコを吸う場所に困る今時の喫煙事情だから、喫煙者のオアシス的なイメージを持っていたんですよね。

子供ができるまでファミレスはあんまり使ったことがなくて、子供ができて禁煙を始めた身空なので前は喫煙席は見て見ぬふりをしていました(笑)

なんとなく直視してみたらガラガラ。

さらに、待ちの人が名前を書く紙を見てみました。大人〇名・子供〇名、みたいなやつですね。

あれ、希望欄に【喫煙席・禁煙席】みたいな欄があるじゃないですか。そこを見ると、待っている人は全員【禁煙席】に丸をしていたんですよね。

考えるまでもなく、喫煙席がガラガラなわけだから当然と言えば当然ですけど・・

喫煙者=マイノリティな図式はここまで進んでいるのか!

と思わされました。

今でも自分が喫煙者だったら、と想像するとゾッとしてしまいますね。

オリンピックへ向けて、室内全面禁煙の話は、飲食店を中心に猛反発を受けて揉めていますけど、喫煙席を撤去して全面禁煙席にしてもお店は売上変わらないのでは?

と、思わされました。

また、更に喫煙スペースが圧迫されるであろう近い将来。どんどんどんどん肩身が狭くなっていく喫煙者。

禁煙しておいて良かったと思いますよ!

しかしまだまだ禁煙4年弱。フとした誘惑に負けないよう気を引き締めた光景でした。。

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ