禁煙のメリット 喫煙=老化促進は証明されてる…老け顔はイヤだ!

同世代(アラフォー)の友人知人、喫煙者と非喫煙者、老け方に少しずつ差が出てきてるように思います。

数年ぶりに会って、肌がガッサガサだったりすると、まだタバコを吸ってるんだな、と思いますよ。

そして、やっぱり吸ってるという場合がほとんど。

スポンサーリンク


自分なんかは禁煙成功中とはいえ、まだまだ2年と少々。

まったくもって偉そうなことを言える立場ではないんですけど、やはりタバコを吸い続けてる人よりやめた人。

最近やめた人より10年前にやめた人。

10年前にやめた人より初めから吸ってなかった人のほうが、若さを保っている気がします。

もちろん、過度な仕事で疲れてる日だったとか、運動を日常的にしてる人のほうが若々しいとか、局地的な影響はあるとはおもうんですねどね。

それにしても総合的にみると、喫煙者のほうが老けやすいのは間違いないなと思っていたら、しっかりと証明されていますね。

大阪大学の研究グループは、喫煙習慣によって皮膚のシワや骨粗しょう症などの老化が早まることを、血液中の老化遺伝子の分析を通じて世界で初めて証明した。

大阪大の瀧原圭子教授らの研究グループは、喫煙者と非喫煙者を対象に、老化遺伝子として知られる「αクロトー」の血液中の濃度を比較。その結果、喫煙によって血液中の老化遺伝子の濃度が増えることが明らかになった。

さらに、傷の治療や血管の再生など代謝に関係する細胞増殖因子「FGF-21」の血中濃度も、喫煙者は非喫煙者より高く、代謝異常を起こしていることが示された。

引用元:ハザードラボ 様

喫煙と老化の因果関係は、とっくの昔に証明されてるのかと思ってたらわりと最近の話。しかも世界初とか。

どっちにしても、喫煙=老化の促進の裏付けは、証明されていました。

今これを読んでくれてる人がまだ若い人だったら、老化なんてまだまだ先の先、なんて思っているでしょう。

しかし、30歳で禁煙を始めたおばさんと、初めからタバコを吸わなかったおばさん。

明らかに肌つやが違います。

うちの嫁の両親は、二人とも生涯非喫煙者なんですけど、60代だけど肌はぷるぷるしてます。

特に女の人は、おばさんになったら美容だなんだとおお金をかけるんだから、若いうちからタバコをやめることが下地作りになるくらいの感覚でもいいのかもしれませんよ。

男の人も、オッサンになると、別に若く見られたいとかではないけど、疲れたおっさんに見られるよりは、元気なおっさんに見られたいものだとは思ったりします。

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ