禁煙の効果、風邪をひきにくくなった

若い頃からタバコを吸っててヘビースモーカー。しょっちゅう大風邪をひいてました。

毎年毎年40度近い風邪を必ず一度はひいて、2~3日寝込むのが恒例でした。

身体能力が特に高いほうではないけど「タフですねー」って言われることもある程度には無理は効くので、身体が弱いほうではなく、一般的な体力かなとおもいます。

それが、風邪は本当に毎年1回、下手したら2回は大熱を出して寝込んでたんでました。

スポンサーリンク


もうネタにするくらいでしたね、40度の熱なんてなかなか大人は出さないですからね。。

「今年もきましたよ」なんてのが恒例でした。

20歳を超えて、一度も寝込んだことがない年なんてありませんでした。

それが、禁煙を開始して現在2年弱の継続中、その前3年間の吸ったりやめたり中途半端な状態も含めて、禁煙を開始してからというもの風邪を本当にひかなくなったんですよ!

いや、風邪をひくことはひくんですけど、39度を超えたことは一度もなく、仮にひいても回復が早い!

少なくともこの5年間で(前半3年を禁煙期間に入れるのは図々しいですが)3日寝込んだことは一度もありません!

明らかに禁煙の効果ですよね。。

考えられる理由としてはまず、免疫。

喫煙による免疫の低下。体内に入ってきた病原体を退治する力が、喫煙によって落ちてわけだから、風邪をひきやすいのは当然。治りにくいのも当然ですね。

それから毎度の「喫煙すると唾液が少なくなる」こと。唾液はウイルス退治の役割も担ってるわけだから、タバコを吸って唾液が減る=風邪をひきやすくなる。これも当然かと。

それから個人的見解&感覚なんですけど、タバコを吸わなくなって薬の効きが良くなった気がするんですよ。

タバコも広義では薬みたいなもので、常に入ってる状態なので他の薬が効きにくいのではないかと。

うちの風邪薬は、早めのあいつなんですけど、本当に気休め程度だったんですよね。

それが、薬が本当に効いてるような気がします。

風邪で寝込んだ時間は仕事もできないし、家族にも面倒かけるし、碌なことはないですもんね。

免疫力が上がって風邪をひきにくくなる。これも十分禁煙のモチベーションになるかと思います。

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ