禁煙開始初日、これは本当にキツく3時間程度でアタマの中はタバコで支配されてた…

今、禁煙継続1年7ヶ月。

その前に禁煙成功と失敗を繰り返してた時期が3年あるので、禁煙開始初日は5年近く前になります。

5年前のことなのに、この日のことは強烈すぎて鮮明に覚えています。

そもそも禁煙開始する前に、徐々に減煙していって、最後の方は1日の量をショートホープ5本まで減らせてたので、禁煙も結構余裕だと思ってたんですよ。

行為としての喫煙がなくなることへの寂しさはあるだろうな、くらいのもので。

しかし長いこと、風邪で喉を煙が通らなかったときや、事故して入院してたとき等、強制的にタバコを吸えないとき以外はほぼ、というか確実に毎日吸ってきたんですよね。

寝てる時間以外は常にニコチンを補給してた身体には、通常時のニコチン切れはあまりにも強烈でした。

ちょうどこの頃は家で作業する案件をかかえてて、ほとんど外出しない時期でした。こういう時期は、夜限界まで頑張って、明け方落ちるように寝る、って感じの生活なんですよ。

で、禁煙開始は日付で決めてたんです。

※禁煙開始のキッカケあたりからの流れは
禁煙成功?まで その1「タバコをやめる気はまったくない」~で書いてます。よろしかったら是非。。

日付で決めてたもんだから、前日の夜12時前に最後の1本がショートホープの箱からなくなるように調整。その最後の1本を持って、日付が変わる寸前の23:50頃1階のコンビニの喫煙所へ向かいました。

この数日は自宅作業だったから、よくこのエレベーターに乗ったな。たった1吸いのために何回も何回もバカみたいだったな。この行為ももうこれが最後だと思うとなかなか感慨深いものがあるな…

等々思いながら、人生最後(のつもりの)タバコを久しぶりに1本丸々吸い切って帰宅。

タバコとの訣別完了。作業再開。このとき脳内では禁煙成功してましたね。。アホです。

24時を回って日付も更新、非喫煙者になったつもりで仕事を再開。個人的に普段だったら夜1時~明け方4頃が一番集中できる時間なんですよ。

それが夜中の2時頃、イライラが止まらない。もうタバコを吸いたくて仕方がない。

夜中の3時頃になると、タバコを吸う理由を探してばっかり…普段しない(はずの)貧乏ゆすりも止まらない。仕事なんかまるで手につかず。macの前に座って考えてるつもりなだけ。

当然部屋にはタバコはない。

が、

ちょっと出てエレベーターに乗ったらそこにはコンビニが…

買うのか?コンビニに行ってタバコを買うのか?タバコを買うのか?タバコを買うのか?タバコを買うのか?タバコを買うのか?買うのか?買うのか?買うのか?買うのか?買うのか?買いに行くのか?買いに行くのか?買いに行くのか?

そればっかり。

しかし、禁煙開始初日の、しかもまだたったの3時間!こんなところでタバコを買いに行ったら絶対明日も買うに決まってる!

それは絶対にダメ!

俺には禁煙する絶対の理由があるんだ!迷うな!!

買ったら負け!買ったら負け!買ったら負け!買ったら負け!買ったら負け!買ったら負け!買ったら負け!

と、考え続けた明け方前の午前4時頃。

出した結論は

よし!タバコを拾いに行こう!!

でした…….

もう滅茶苦茶です。思考回路が壊れてます。買ったら負けだから別の方法=拾うになったんですね。

ライターは100円ライターが、ゴミの分別を確認してなくてまだゴッソリ残ってました。

かくしてイソイソと、100円ライターを握って人生初の拾いタバコをするため外に出ると…

雨が降ってました。

音にならない程度の霧雨で、しかし落ちてるタバコを濡らすには十分な量の雨が…

天を仰ぎましたね「おお~」って(笑)

これで急速に恥ずかしくなって冷静に。何をやっているのか、と。

頭を冷やす意味と反省を込めて、弱い雨の中少し散歩して帰宅。もう仕事になんかなりはしないので、寝酒をあおってふて寝して、なんとか禁煙初日をしのいだ?ことになりました。

この禁煙開始初日の禁断症状は、その後も何度もやってくる吸いたい欲求とはレベルが違いました。

この記事を書いてて身体が完全に思い出したのか、久しぶりにガッツリ吸いたくなってしまいました、吸わないですけど。

タバコは本当に恐ろしいですね。

しかしあのとき、雨が降ってなかったら本当に拾ったタバコに火を点けたのかどうか、躊躇したのか、それはわからないけど…

雨が降ってなかったら、と思うとゾっとします。

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ