禁煙の効果、美肌効果?肌はまったくの別物になる

元々は色白でした。

30歳を越えて、肌に若さは年々失せていきました。

歳相応なんだろうなと思ってたんですけど、禁煙開始直後2週間頃に、あれ?肌のくすみが薄くなってる??

と気づかされました。。

スポンサーリンク


鏡を見てではなくて、手の甲を見て思いました。鏡で確認すると、顔の肌のくすみも薄れてる!!

あきらかに肌が若返りを始めてる。これは禁煙による意外な副産物で、嬉しかったですね。

しかし1回目の禁煙は、あたりまえのように失敗。禁煙成功に次ぐ成功を繰り返すわけですが…

その間に無事第二子が誕生するわけです。

だから、3年くらいは禁煙成功を繰り返してたことになるんですけど…(こうやって字面にすると、いかに自分の意思が弱いかがわかります…)

乳児の肌はそれはそれは綺麗で、透き通るような肌ですよね。

その透き通った肌の我が子を抱っこするじゃないですか。そのとき自分の肌と子供の肌が重なるじゃないですか。

それが、禁煙をちゃんと守ってる時期と、禁煙失敗して吸ってしまった次の日と、子供を抱っこしたとき愕然とするほどの差があるんですよ。

吸ってない時期は、勿論歳の差はあれ同じ生き物の肌。吸った次の日は、色素自体が違う生き物なのではないか、というくらい違うんです。

これは大袈裟ではなくです。

自分は男でおっさんなので、美肌効果は禁煙のモチベーションにはあまり繋がりませんでした(そりゃそうですよね)。

ただバロメーターというか、タバコを吸ったらここまで露骨に肌に変化が出るんだ、という意味で衝撃的でした。

もし女の人で、禁煙に苦しんでいる人が居たら、美肌効果は大きく期待できるので、禁煙のモチベーションに使えると思いますよ!

ハッキリ言って、喫煙者の肌と非喫煙者の肌は別物です。

仮に自宅以外喫煙をしない、人前でタバコを吸ったことは一度もない、という人が居たとしても、周りにはあなたが喫煙者だとバレてるレベルです。

もし喫煙する人で、美肌グッズを色々買ってる人が居るのなら、それがいかに矛盾してるかということです。

タバコをやめるだけでお肌はツルツル。

タバコ代と美容グッズ代と、二重にお金も浮くしでいいこと尽くし。

タバコを吸って肌はマイナス。美肌グッズを使ってマイナスをゼロに戻す。

タバコを止めたら肌はゼロ。美肌グッズを使ってゼロをプラスに。

同じだけ美肌グッズにお金を使っても、単純にスタート地点が違うってことですね。

おっさんでも肌は汚いよりきれいなほうがいいですからね(笑)

やっぱり禁煙はメリットのほうが多いなと思います。

スポンサーリンク


だらだらと情けない禁煙失敗を繰り返し現在継続中。禁煙成功?までを書いてます

コメントを残す

サブコンテンツ